LINE構築を本気で考える「コンペ」を開催したらみんなのアイデアが凄すぎた!

こんにちは!中村誠です!

先日、僕が運営する『ワンダフルステップ』のコミュニティ内で、LINE構築に関するアイデアを競って優勝者を決める「コンペ」を開催しました!

今日は、今回開催したコンペの内容や、コンペでめちゃくちゃ優れたアイデアを出されたワンダフルステップのメンバーのプレゼン内容やインタビューをみなさんにお届けします!

当日は50人ほどのメンバーが集まってくださり、もうめちゃくちゃ盛り上がりました。みなさんかなり本気で企画を持ち寄ってくれたんですが、その中で優勝したのは、まさきさん(@mmmsumo)としょうごさん(@Sho_9513)のお2人。

今回のコンペで優勝したお2人に突撃インタビューしてきたので、大盛り上がりだったコンペ当日の様子などもまとめてここに書き綴ろうと思います。

『ワンダフルステップってこんなことやってるんだ!』
『ワンダフルステップにはこんなメンバーがいるんだ!』

みたいな内容が分かってもらえると思います(笑)

ワンダフルステップで開催したコンペの概要

コンペ開催の目的は「企画力」を養ってもらうため!

そもそも、今回なんで僕がワンダフルステップの中でコンペを開催したのかというと、ワンダフルステップのメンバー達に「企画力」を養ってもらいたいっていう想いがあったからなんですよね。

受講生のみなさんは、ワンダフルステップを通してタグの設定やシナリオ配信の登録といった、LINE構築における基本的なスキル自体はちゃんと身についてきてます。

でも、これからLINEの構築代行でクライアントにガンガン貢献していくためには「基本的なスキルだけ」じゃ正直弱いなって思いました。

クライアントが僕たちに求めることって、ユーザーがLINEに興味を持ち、何かしらのアクションを起こすこと。つまり、クライアントの目的を実現させるために必要なのが「企画力」なんですよね。

まこと
僕自身、ワンダフルステップ生のみなさんと実案件に取り組んでいく中で『アイデアを持ってくる力が弱いな…。』っていう課題感をずっと感じていました。

なので、こういったワンダフルステップ内の課題をクリアにして、今後みなさんとより良いチームを作り上げていくために、今回コンペを開催することに決めたんです!

コンペのテーマ2つと目的について

そして、参加者のみなさんには「目的意識」を持ってもらうために、それぞれテーマや目的をしっかり定めました。

それと同時に、参加者のみなさんに「企画力」を鍛える機会としてフル活用してもらうべく、コンペで提出した作品全てに僕がフィードバックを行ってます。

コンペのルールや条件
  • 優勝者は、参加者全員の投票で決定!
  • コンペで提出した作品全てにフィードバック有り!
  • デザインは審査の対象にはならない。
  • 審査の公平性を保つためにコンペ関連の質問は一切なし!

誰が優勝するかは参加者全員の「投票」で決まるようにしました。なのでみんなが良いと思ったアカウントが勝つ仕組みになってます!

そしてコンペとはいえ、みなさんに本気で取り組んでもらいたいたかったので、2つのテーマそれぞれに優勝者が受け取れる『豪華特典』も用意しました!

コンペのルールや条件
  • 賞金
  • 案件獲得した際、その案件に入って作成できる権利
  • Twitterでのティーアップなど

この企画がワンダフルステップ内でも大盛り上がりで、コンペの発表者もみなさんかなり熱いプレゼン内容でした。

今回のコンペで優勝した2人の作品について取材!

そしてコンペ参加者から選ばれた優勝者は…まさきさん(@mmmsumo)としょうごさん(@Sho_9513)のお2人!

本当は全員のプレゼン内容をお見せしたいのですが、代表して優勝した二人に絞って内容を公開しようと思います。

というわけで今回優勝した2人に、なぜコンペに参加したのかや勝因についてなど突撃取材してきました!

コンペの優勝者一人目:まさきさん

まさきさん(@mmmsumo)

副業でLINE構築代行者として活動中。本業はリクルートの広告ディレクター。2021年7月より本業の傍らで、ワンダフルステップにてLINEの構築代行スキルを学び始め、現在は複数の案件をこなしている。

まさきさんが取り組んだテーマ:人生逃げ切りサロンの『ゲーミフィケーション構築』

まさきさんの取り組んだテーマは、りゅうけんさんが運営する人生逃げ切りサロンの『ゲーミフィケーション構築』。LINEに“ゲーム的な要素”を取り入れるための企画ですね。

そもそも人生逃げ切りサロンのLINEでは、簡単な質問に答えていくだけで適性のある副業が分かる「フリーランスビジネス診断」という診断機能を取り入れていますが…

今回のコンペでは、このフリーランスビジネス診断のような「LINEの新規登録」に繋がる新たなゲーミフィケーション企画を考えてもらうことにしました!

ユーザーが「面白い!」と感じる要素を取り入れるのはもちろん、どうすればLINEの登録率が上がるのかや、サロン運営の目的を汲み取って形にする力も必要な企画でしたね。

コンペで優勝すれば「より多くの人に早く名前を覚えてもらえる」と思った。

まこと
まさきさん、コンペ優勝おめでとうございます!
今回はまさきさんの考案されたプレゼンの内容について聞かせてください!
早速ですが、まさきさんが今回コンペに参加した理由って何だったんですか?

まさきさん
ありがとうございます!
僕がコンペに参加したのは、自分の名前を知ってもらえる良い機会だと思ったからです!
僕は現在副業でLINE構築をやっていますが、副業サラリーマンはフリーランスと同じ土俵で戦える機会が少ないと思うんです。

まさきさん
副業だとLINE構築に割ける時間もそれほど多くありません…。
なので今回のコンペは、フリーランスの方と同じ土俵で「自分の力を試せるチャンスだ」と思い、参加を決めました!

まこと
たしかに、コンペで印象を残せれば最短で名前を覚えてもらえる可能性は高まりますよね!

まさきさん
そうなんですよね。
それに、コンペを通して培ったスキルは本業でも活かせるはずなので、自分自身の幅を広げるためでもありました。

ターゲットを明確にし、そこに対するビジョンまで作成!

まこと
では今回、コンペの企画を考えるにおいて事前にどんな準備をされたんでしょうか?

まさきさん
まず軸を定めるため、りゅうけんさんにこれから逃げ切りサロンに取り入れたいのターゲット層についてヒアリンングしました。

サロンで取り込みたいターゲット層を本人に直接ヒアリング。生の声を聞いて、対象となる年代や属性を明確化させた。

まこと
えぇ!実際にりゅうけんさんにヒアリングしたんですか!

まさきさん
はい、逃げ切りサロン内でりゅうけんさんとお話できる機会があったので、活用させてもらいました!

まさきさん
りゅうけんさんへのヒアリングの結果、取り込みたいターゲット層が「学生」だと分かったんですが、優秀な学生フリーランスがもっと増えれば、オンラインサロンはもちろん、フリーランス界隈全体が盛り上がり、学生のキャリア観も変わるのではないかと思ったんです。

まさきさん
そこで僕は、人生逃げ切りサロンを学生フリーランス輩出コミュニティにしようと考えました。
そのイメージを明確にするべく、りゅうけんさんが学生に語りかけているようなつもりで、こちらのようなビジョンを作ったんです。

実際にまさきさんが作成した学生向けのビジョン↓

まこと
これ見てたけど、まるで本当に存在する広告のようなクオリティでしたね!笑

まさきさん
はい!ありがとうございます笑
ただ、このビジョンに向けて課題となったのが「学生がサロンを知らない、興味がない、入るお金がない」という3つの問題だったんですよね。

現状・理想・課題の3つが綺麗に整理されていた。

まさきさん
そこで解決策として「りゅうけん奨学金」を考えました!

まこと
「りゅうけん奨学金」ってめっちゃ斬新!w
このアイデアはけっこう驚きました!

まさきさん
ありがとうございます。笑
あとはこのアイデアをもとに「集客・教育・販売」の各フェーズでどんなことができるのか、ということを紹介していきました。

まこと
参加者のみなさんも圧倒されてましたよね。笑

こちらが実際にプレゼンで発表されていた、まさきさんの教育シナリオ・セールスシナリオ案。

まさきさん
「りゅうけん奨学金のエントリー課題」という項目がありますが、これを通して、合格者はりゅうけん奨学金で金銭的サポートが得られます。
そして不合格だった人はりゅうけんさんからの励ましのメッセージを送り、金銭的フォローとして、
・ワンダフル学割
・ワンダフルアルバイト
・ワンダフル出世払い
といった施策も考案しました。

まこと
なるほど、面白い!
これで学生の金銭的な悩みもカバーできるんですね!

まさきさん
はい!
本施策は社会的意義のある内容だと思っていて、りゅうけんさん、採用市場、学生といった各関係者のニーズを全て満たせるんです。

まこと
まさに「三方良し」の施策ですね!

まさきさん
そうですね、発表してる時からこの企画の可能性と意義を心から信じてたので、今回優勝できて本当によかったです。

コンペを制した勝因は「熱量」!

まこと
ではまさきさん的に、この企画の勝因は何だったと思われますか?

まさきさん
これを言っちゃ元も子もないんですが…勝因はコンペに対する熱量かなって。笑

まさきさん
僕はこの企画に対してめっちゃ想いを込めたので、それが聞いている人にも伝わった結果なのかなと自分なりに考察しました!
実際にメンバーからも「熱量がすごかった」って言ってもらいましたね。笑

まこと
たしかにエネルギー溢れるプレゼンでしたね!
実際にコンペに参加してみてどうでしたか?

まさきさん
めっちゃ楽しかったです!
企画力を鍛える絶好の機会になりましたし、本業にも副業にも活かせる、アイデアの引き出しが増えました!

まさきさん
僕のようにLINE構築経験が浅い人にも、コンペなら「アイデア勝負」ができるので、参加をオススメします!

まこと
そうですね!
まさきさん、本日はありがとうございました!

まさきさん
ありがとうございました!

コンペの優勝者二人目:しょうごさん

しょうごさん(@Sho_9513)

フリーランスのLINE構築ディレクター。28ヵ国を旅するバックパッカーや5年間のアメリカ留学を経て、ワンダフルステップにてLINEの構築スキルを習得する。現在は、実店舗に特化したLINE構築ディレクターとして9案件を構築中。

しょうごさんが取り組んだテーマ:某有名アイドルのLINE構築

しょうごさんのテーマは、某有名アイドルのLINE構築です。

実は、芸能人がLINEをちゃんと活用してる事例ってあんまりないんですよね…。最近僕自身も芸能系の方とお話しさせて頂く機会も多く、今後ワンダフルステップでも芸能人のLINE構築を取っていきたいなとする機会が増えていくと予想されるので、テーマに挙げました!

この企画では、どんなステップ配信があれば某有名アイドルの認知度が取れるのかといったポイントが重要な判断軸になりましたね。

そもそも公式LINEを使っている芸能人は最近増えてきてますが、その機能を使いこなせていないアカウントはめちゃくちゃ多いんですよ。

例えば、

・最初の挨拶メッセージだけで配信終了
・LINEの設計を全くしていない
・集客のみでマネタイズの導線が完成していない

といった、本当にもったいないアカウントばかりなんですよね…。

でも日頃からLINEを触っている僕たちからすると、もっともっとできることがあるなって感じます。なので、そういった現状の問題点をカバーできるような構築案を期待しました。

コンペではゼロから形にしていく過程を楽しんだ。

まこと
続いて、しょうごさんにインタビューをしていきたいと思います!
しょうごさん、某有名アイドルのコンペ優勝おめでとうございます!

まこと

早速ですが、しょうごさんは今回なんでコンペの参加を決めたんでしょう?

しょうごさん
ありがとうございます!
実はワンダフルステップ1回目のコンペでも優勝させてもらったんですが、その時に「コンペは自分の実力を試せる絶好の機会だな」って感じたので、今回も即参加させてもらいました!

まこと
そうそう、しょうごさんは前回のコンペでも優勝されましたよね。
今回もさすがです!w

しょうごさん
ありがとうございます!
あと、僕はゼロの状態から形にしていく過程が好きなので挑戦してみることにしました。

実際に他のファンクラブにも入り念入りにリサーチ

まこと
ではコンペの企画を考えるにおいて、事前にどんな準備をされましたか?

しょうごさん
まず、その方がどんなことをやっているのかや、現状足りないものは何かを探るために、リサーチにはかなり時間はかけましたね。
実際にそのアイドルのファンクラブにも入ってみました!

まこと
えっファンクラブにも入ったんですか!
それはすごい…w

しょうごさん
ありがとうございます。笑
リサーチの結果、情報が散らばっているという問題点を見つけたので、他の芸能人のファンクラブやサブスク型のビジネスとも比較しながら、まず課題と目的を明確にしていきました。

実際にLINEを構築する際も、8割はリサーチで決まるといって過言ではないほど情報収集は重要となる。

まこと
うんうん…このリサーチ結果と課題の洗い出しには僕も納得です。

しょうごさん
あと僕、実は元々アイドルが熱狂的に好きだったんですが、その時思っていたのが、アイドルとファンの関係性って一方通行だから「アイドルともっと密に関われる場所があれば良いな」ってことだったんです。

実際にしょうごさんが作ったアイドルのメッセージ。実際に本人から来ているかのようにメッセージを作成。

しょうごさん
そういった自分の体験と結びつけて、ファンの悩みをどうやってLINEに落とし込むかという視点で設計を考えました。

実際にアイドルと直接LINEをしているような感覚を再現したしょうごさんのアイデア。

まこと
良い感じ!!
これはファンからすると嬉しい配信ですね!
佐藤健くんのLINEとかも同じ感じですよね笑

しょうごさん
そうですね笑
例えば…
・LINEでしか見れないアイドルの素顔
・新曲リリースの告知
・LIVEやイベントの告知、セールス
・ファンクラブへのオファー
などですかね。「そもそも芸能人がLIVEツアーやファンクラブをやってることすら知らない」って人も多いと思うんですよ。
なので、そういったオファーを積極的にできる場所を作ることで、売上アップに繋がるのかなって思いました。

しょうごさん
具体的には、ファンクラブの会員と非会員で分けられるようなイメージで作りました。

まこと
なるほど、会員か会員じゃないかで分けるってことですね!

しょうごさん
はい、アイドルのLIVEやイベント時は「チケットの購入→当日までのリマインド→サンクスメッセージ」といった流れでLINEのメッセージが配信されるようにします。
これらのプロセスを経て、アイドルのライブやイベントへの参加数を上げ、満足を上げると同時に売り上げ増加を狙う。

全体の設計図を作ったことが勝因だった

まこと
かなり幅広い視点でプレゼンしてくれましたが、しょうごさん自身が考える勝因って何だったと思いますか?

しょうごさん
う〜ん、勝因は「全体の設計図を作ったこと」かなと考えています。

しょうごさん
今回、某アイドルのLINE構築における課題は「情報の集約」でしたが、それだけでなく、全体の設計図をしっかり立てたんです。
なので、流入からファンサイトの登録までの流れや、全員に向けたシナリオ、ファン向けのシナリオ作成といった細部まで、作り込めたかなと思います。

実際にしょうごさんが作った設計図。

まこと
おぉ〜設計図も作り込んでますね!
たしかに部分的な構築案が多かったのに対し、しょうごさんは全体の設計図から考えられていたのでプレゼンでも目立っていましたよね!

コンペを通して大きな案件の獲得にもつながった。

まこと
では最後に、コンペに出た感想など教えてください!

しょうごさん
コンペに出ることで、自分の限界を知ることができました!
企画を全て自分1人で考えるので、自分の出来ること、出来ないことをまるっと洗い出せるんですよね。

まこと
なるほど…。
自分ができないことを知るのは自己成長において超重要ですね!

しょうごさん
そうですね!
それに僕は今まで小さな案件をコツコツとこなしていたんですが、前回のコンペがきっかけで誠さん経由の大きな案件に入らせてもらう機会を頂いたりと、自分のレイヤーを上げることができたんです。

しょうごさん
なので、大勢の前で自分の企画をプレゼンするコンペは、自分のステップアップに繋がる機会だなとも思います!

まこと
ある意味、広告的な意味合いもありますよね。
しょうごさん、今回はありがとうございました!

しょうごさん
ありがとうございました!

総評:コンペは自己成長に繋がる絶好の機会!

以上、ワンダフルステップのLINE構築コンペのレポートでした!

今回は50人ほどの方に参加して頂き、すごく学びの多い会になりましたね。

コンペに参加してくださった方からも「自分に足りない部分がわかった」「スキルアップに繋がった」という感想を多く頂きました!コンペを通して得た学びを、ぜひ今後のLINE構築代行の案件にも活かして頂きたいなと思います。

このように、ワンダフルステップはただ基本的なLINE構築の設定部分を学ぶだけでなく、しっかりと実践で通用するスキルが身につくような学習や行事を定期的に開催しています。

今後も随時開催していく予定なので、LINEの構築代行スキルで稼げるフリーランスになりたいという方は、ぜひワンダフルステップへの参加をお待ちしております!

LINE構築代行で『稼げるフリーランス』になりませんか?LINE構築のプロが無料で個別相談します!

「稼げるスキル」を身につけてフリーランスになりたいな…。
会社を辞めて場所や時間、人間関係に縛られず自由に働きたい…。

あなたもこう思っていたのではないでしょうか…?

もしあなたが「稼げるスキル」を身につけ、場所や時間を選ばずにパソコン1台で今以上の収入を手にできたら…とても理想的な生活を過ごせると思いませんか?

もしスキルを身につけて理想の生活を手に入れたいなら、高単価で仕事ができるLINE構築代行をおすすめします!

高単価なLINE構築代行ですが...実は今、LINEを活用したい企業やお店がどんどん増えているのに、LINEを構築できる人が圧倒的に不足しているんです。

だから、スキルを身につけて稼ぎたい人にとっては今がかなりのチャンスなんですが...多くの人は「LINE構築って難しそうだし、私にはできなさそう…」と諦めてしまいます。

だから、もしあなたがLINE構築のスキルに興味を持っているなら、一度僕たちに個別で相談してみませんか?

LINE構築代行について本気で学びたいという方は、今後開催する『無料個別相談会』にご参加ください。

※現在は満員の為、募集を停止中です。

こちらでは「LINEの構築代行」という働き方の可能性について詳しく解説しています↓↓↓

▶︎LINEの構築代行についてもっと詳しく知りたい方はこちら!

おすすめの記事