【反応率UP】LINEは動画が最強!?Lステップ×動画の超強力なマーケティング戦略を解説!

こんにちは!中村誠です!

今回は、顧客の反応率を大きく高めるLステップの動画戦略について解説します!

せっかくLステップを使っているのに、テキストばかりで配信していては正直もったいないです。YouTubeの躍進に合わせて昨今は動画の時代と言われており、場合によっては長文テキストよりも動画の訴求の方が反応が取れることも多くなってきました。

どんなに素晴らしい商品でも魅力が相手に伝わらなければ意味がありませんが、動画に不慣れで上手く配信できるか不安な方もいるでしょう。

そこで今回は、Lステップ×動画で反応率をアップさせるための、効果的なマーケティング戦略を解説します!

この記事で分かること
  • Lステップで動画を使った配信をする3つのメリット
  • Lステップで動画配信する際の注意点
  • Lステップの動画配信を魅力的にするコツ

    動画は多くの情報を詰め込めるので、上手く使えば成約率を大幅に改善できるでしょう!

    この記事を書いた人
    中村 誠(@gor0210)
    LINE構築コンサルタント。LINE公式アカウントの性能を10倍高める「Lステップ」を活用したLINEマーケティングのプロ。構築を手掛けたLINEアカウントは累計200個以上。LINE構築ビジネスを指導したコンサルメンバーも300名を超え、LINE構築で月利100万越えのプレイヤーを10人以上輩出してきた。

    ▼Lステップを使ったLINEの構築相談を無料受付中!

    Lステップで動画を使った配信をする3つのメリット

    Lステップで動画を配信するメリットは主に3つあります。

    Lステップの配信に動画を使うメリット
    1. 自分のキャラクターをアピールできる
    2. 五感を使った訴求ができる
    3. 細かなニュアンスを伝えやすい

      動画は自分の伝えたいメッセージが顧客に届きやすいので、ぜひ活用してみましょう!

      1.自分のキャラクターをアピールできる

      現代は物が溢れており、どんな商品でも必ず競合が存在します。似たような商品を扱うライバルとどのように差別化するかは永遠の課題ですが、顧客を動かすポイントの1つは「誰から買うか」です。

      そのためにも動画を活用して自分のキャラクターをアピールしましょう。

      顔も知らない相手から商品を購入するのは怖いと感じる方も多いので、まずは顧客とのコミュニケーションからスタートしてください。

      また、人はストーリーに感情移入して動くものなので、自身の過去や商品開発に至るまでのエピソードを紹介すれば売上に繋がるはずです。

      例えば、プログラミングスクールを運営している「マコなり社長」は自らYouTubeにて動画を配信しています。

      社長の顔やキャラクターが分かると、どのプログラミングスクールに行こうか迷っている人は「この人の下で学びたい!」と思ってくれるでしょう。

      顔も名前も知らない人の商品と比べても安心できるのもポイントなので、ぜひ自分自身を動画でアピールしてみてください。

      2.五感を使った訴求ができる

      動画では視覚と聴覚にアプローチできるので、テキストや画像だけでは伝わりにくい内容でも表現できます。

      動画の訴求が有効な例
      1. 映画の予告編
      2. スピーカーの販売
      3. 食レポ

      どれも文章で説明できなくはないですが、動画で紹介したほうが魅力的に映るでしょう。

      また、1分間の映像が持つ情報量は文章換算で180万単語と言われており、両者を比較するとその差は5000倍相当です。

      これには人間が他人とのコミュニケーションで持つ印象を細分化した、心理学の「メラビアンの法則」が大きく関係しています。

      メラビアンの法則
      1. 視覚情報:55%
      2. 聴覚情報:38%
      3. 言語情報:7%

      長文のテキストよりも動画のほうがインパクトが残りやすいのは、視覚と聴覚をフル活用しているからです!

      3.細かなニュアンスを伝えやすい

      表情や声のトーンなどの雰囲気も動画では届けられるので、細かなニュアンスでも伝わりやすいです。

      動画で伝えやすいニュアンスの例
      1. 感情の揺れ動き
      2. 商品の風合い・質感
      3. サイズ感・使い勝手

      例えばメールのやり取りで、相手に誤解を与えてしまった経験は誰しもあるのではないでしょうか。文章だけでは相手によって受け取る印象が様々なので、対面ではまずありえない解釈をされてしまうこともあります。

      それだけテキストで細かいニュアンスを伝えるのは難しいので、伝わりにくいメッセージはなるべく動画で伝えましょう。

      動画は短時間で多くの情報を伝えやすいので、複雑な内容を配信したい場合は特におすすめです。

      Lステップで動画配信する方法2選

      Lステップで動画を配信する方法は主に2つあります。

      Lステップで動画を配信する方法
      1. 動画データをそのまま配信する
      2. YouTubeリンクを送る

      状況に応じて2つの配信パターンを使い分けていきましょう!

      1.動画データをそのまま配信する

      動画は普段の配信だけでなくステップ配信にも気軽に組み込めます。

      普段の配信設定画面から「動画」タブをタップして、動画をアップロードしてください。

      チャット欄に直接動画を表示させられるので、すき家のLINE公式アカウントのようにチャット欄から動画を視聴できます。

      気軽さでは随一なので、1分以内のショート動画と相性が良いでしょう。

      また、Lステップにアップロードする動画はmp4のみで、容量を200MB以下に抑える必要があるので注意してください。

      2.YouTubeリンクを送る

      YouTubeにアップロードした動画のリンクをLステップで配信するのも1つの手です。

      もちろんYouTube以外の再生メディアでも問題ないので、好きな方法を選んでください。

      YouTubeであれば容量の制限がないので、長時間の動画でも問題なく配信できるでしょう。

      該当するベージの共有用URLをコピーして、カルーセルやリッチメニューに添付して使うのがおすすめです。

      また、YouTubeのリンクを使う場合は限定公開にすれば不特定多数の方に閲覧されることはないので安心してください。

      Lステップで動画配信する際の3つの注意点

      Lステップの配信に動画を活用すると表現できる幅が広がりますが、注意しなければいけないポイントが3つあります。

      Lステップで動画配信する際の注意点
      1. できるだけ短い動画にする
      2. 内容を独立させる
      3. 動画全体を明るくする

        これを守らないとせっかく作った動画も即離脱されてしまうので、注意してください!

        1.できるだけ短い動画にする

        動画は強烈なインパクトを顧客に与えられますが、一方で視聴するのに時間が掛かってしまいます。

        動画を撮っていると、あれもこれもと多くの内容を入れたくなりますが、離脱を避けるためにできるだけ短い動画を作りましょう。

        動画の再生時間を圧縮するコツ
        1. 編集で無駄な時間をカットする
        2. 結論から話すように意識する
        3. 事前に原稿を作っておく

        顧客が気軽に見れるように、1〜2分程度の再生時間を目指してください。

        どんなに長くても10分を超えると飽きられて離脱のリスクが高くなるので、特別な理由がない限りは極力短くしましょう。

        2.内容を独立させる

        顧客がどのタイミングから見ても理解してもらえるように、動画の内容はそれぞれ独立させましょう。

        連続した内容だと1つのポイントを詳細に伝えられるメリットがありますが、途中から見た人は何の話なのか分からなくなってしまいます。

        ドラマの3話目を急に見せられても意味が分からず、すぐに離脱されてしまうでしょう。

        どこから見始めても理解できるように、前回の内容を前提に動画を作らないようにしてください。

        3.動画全体を明るくする

        動画は雰囲気や印象も重要な要素なので、撮影する際は明るくして見やすい動画を心がけてください。

        動画を明るく見せるコツ
        • 照明をつけて明るくする
        • 声のトーンを上げる
        • 笑顔でカメラをまっすぐに見る

          配信する動画はどこの誰かも知らない相手とのファーストコンタクトであり、第一印象が確定する重要なポイントです。

          ハキハキと明るい印象を持ってもらえば、商品のイメージも良くなるでしょう。

          Lステップの動画配信を魅力的にする3つのコツ

          ただ動画を配信するだけでなく、魅力を最大限に引きだすには3つのコツがあります。

          動画配信を魅力的にするコツ
          1. リード文を作り込む
          2. タップしたくなるサムネイルにする
          3. 拡散を意識する

            今すぐ使えるテクニックばかりなので、ぜひ試してみてください!

            1.リード文を作り込む

            どんなに素晴らしい動画を作ったとしても、顧客に視聴してもらえなければ意味がありません。

            動画を視聴してもらうための前フリであるリード文は非常に重要なので、時間をかけて作り込みましょう。

            例えば営業マンをターゲットにした動画を配信した場合、リード文の有無を比較するとこんな感じです。

            リード文なし 営業方法の解説動画はこちら
            リード文あり  この動画には、月に1000万の契約をもぎ取った私の営業ノウハウをすべて詰め込みました!

            魅力的なリード文があった方が、確実に中身を見たくなりますよね。

            動画の内容を簡潔にまとめたり、どんな人に見てほしいのか簡単に書くだけでも興味を持ってもらえるはずです。

            視聴してほしい人をイメージしながらリード文を書くと上手く伝わりやすいので、意識して書いてみましょう。

            2.タップしたくなるサムネイルにする

            サムネイルは動画の顔とも言えるほど強く、タップ率に大きな影響を与えます。

            視聴者は動画を再生する前から中身は確認できないので、サムネイルから動画の内容をある程度推測するしかありません。

            例えば、僕がアカウントを構築したビジネスインフルエンサーやまもとりゅうけんさんの例はこちら。

            動画をタップしてもらいやすいように「ご視聴はこちら」という誘導をつけたりしました。

            ここで顧客の心をタップに向かわせられるかで全てが決まるので、時間をかけて作り込みましょう。

            メラビアンの法則でも印象を決定するのは55%が視覚情報と言われているので、サムネイルがタップ率に影響を与えるのは間違いありません。

            3.拡散を意識する

            YouTubeの動画は拡散が簡単にできるので、上手く使えば無料で宣伝効果が得られます。

            拡散されることを「バズる」と言いますが、バズるためにはマズローの欲求5段階説を意識しましょう。

            【マズローの欲求5段階説】

            ①自己実現欲求 能力を発揮して創造的な活動をしたい
            ②承認欲求 他人から認められたい
            ③所属と愛の欲求 他社と関わりたい
            ④安全の欲求 身の安全を守りたい
            ⑤生理的欲求 生命を維持したい

            特に②承認欲求と③所属と愛の欲求が強く働いたときに、人はSNSで拡散したくなると言われています。

            承認欲求が働くポイント
            • 自分しか知らない情報
            • 専門性が高い情報
            • 役に立った情報
            • 有益な情報

            「すごいと言われたい」「いいねが欲しい」そういう心を沸き立たせる動画を目指しましょう。

              所属と愛の欲求が働くポイント
              • 一緒になって楽しめるコンテンツ
              • 突っ込みどころがあるコンテンツ
              • 共感し合えるコンテンツ

              ユーモアや遊び心のある動画にすると、おもしろいと思って拡散してくれるかもしれません。

                Lステップで動画を活用しているアカウント2選

                Lステップと動画の組み合わせ方にいまいちピンときていない方は、具体例を見てみるのが一番です。

                実際に動画を活用しているLステップのアカウントを紹介するので、気になった方は登録してみてください。

                動画を活用しているアカウント
                1. やまもとりゅうけんさん
                2. 生ハム帝国さん

                  大きな成果をあげている方達なので、手法を参考にしてみましょう!

                  1.やまもとりゅうけんさん

                  先ほども紹介しましたが、やまもとりゅうけんさんのアカウントでは、ご自身が運営されている「人生逃げ切りサロン」への案内を行っています。

                  他にも教材などを多数販売していますが、実は月2000万円の売上が発生している超大型のアカウントです!

                  顧客に最初に送られる合計5日間のステップ配信は、全て動画を使った配信です。

                  サロンのオーナーであるりゅうけんさんのパーソナリティを公開しつつ、情報提供を行って入会へと繋げる戦略です。オンラインサロンに宗教的なイメージを持たれている方も多いですが、トップのキャラクターが分かれば安心してもらえるでしょう。

                  また、ここで使用している動画はご本人のYouTubeチャンネルですでに公開済みの動画なので、チャンネル内の動画の回遊も同時に見込めます。

                  やまもとりゅうけんさんのアカウントについては別の記事に詳しくまとめてあるので、よろしければこちらもチェックしてみてください!

                  2.生ハム帝国さん

                  生ハム帝国さんのアカウントではご自身の動画編集者用の教材を販売しており、CVR14%という驚異的な数字を叩き出しました!

                  高い成約率の秘訣の1つは動画配信にあり、例えばアカウント登録と同時にアンケートを実施して、その回答特典として動画教材を無料でお渡ししています。

                  本人が動画編集者ということもあり、基本的な動画配信のメリットを得つ編集のクオリティをアピールできるので一石二鳥の戦略です。

                  登録の直後に動画をぶつけると第一印象を固めやすいので、渾身の1本を送れば良いスタートを切れるでしょう。

                  もちろん配信内容も動画がメインになっており、サムネイルを画像として配信し、中にリンクを埋め込みました。

                  生ハム帝国さんのアカウントについても詳しく解説した記事があるので、気になった方はチェックしてみてください!

                  まとめ:Lステップ×動画は破壊力抜群!

                  Lステップを活用しても、商品の魅力が伝わらなければ成約にこぎつけることは難しいでしょう。

                  動画を使えば文章では伝わらないニュアンスまで伝えられるので、より強力な訴求ができるはずです。

                  Lステップと動画を組み合わせれば教育が一気に加速するので、ぜひ動画を活用した配信を作ってみてください!

                  おすすめの記事