Lステップ構築代行の相場はどのくらい!?Lステップが高単価な理由も説明します

こんにちは!中村誠です!

今回はLステップ構築代行の相場について徹底解説していきます!

Lステップ構築代行の仕事を受注する際、報酬をどのくらいで提示するべきなのか迷う方もいるのではないでしょうか…。

実はLステップ構築代行の報酬は、構築内容によって大きく異なります。構築内容ごとの報酬の大まかな相場感を知っておけば、クライアントに適切な金額を提示しやすくなるでしょう。

この記事を書く僕は、実際に累計200を超えるLステップの構築を手がけてきた実績があります。その中で実際に金額を決める機会もたくさんあったので、実体験を元に解説していこうと思います!

この記事で分かること
  • Lステップ構築代行の相場
  • Lステップ構築代行の報酬による構築内容の違い

大まかな相場を解説した後には、事例を含めた構築内容ごとの費用についても触れています。ぜひ最後までご覧ください!

この記事を書いた人
中村 誠(@gor0210)
LINE構築コンサルタント。LINE公式アカウントの性能を10倍高める「Lステップ」を活用したLINEマーケティングのプロ。構築を手掛けたLINEアカウントは累計200個以上。LINE構築ビジネスを指導したコンサルメンバーも300名を超え、LINE構築で月利100万越えのプレイヤーを10人以上輩出してきた。

▼Lステップを使ったLINEの構築相談を無料受付中!

Lステップ構築代行の相場は幅広い!

結論からお伝えすると、Lステップ構築代行の相場は数万円から数百万と幅広いです。

Lステップ構築代行の相場の事例
  • 宿泊施設のLステップ構築:50万円

⇨内訳:リッチメニュー、診断ツール、旅行ガイド作成

  • 飲食店のLステップ構築:80万円

⇨内訳:リッチメニュー、診断ツール、ポイントカード、クイズ、シナリオ配信、店舗紹介コンテンツ作成

  • 通販サイトのLステップ構築:150万円

⇨内訳:リッチメニュー、診断ツール、シナリオ配信

※あくまで僕が実際にお取引したクライアント様の事例です。

実は構築の内容や範囲によって費用はそれぞれ異なるので、一概に相場を言い切ることはできません。

例えば1つのLステップを構築する場合でも、シナリオ配信のボリュームやパターン、リッチメニューの数など実装する機能の数によって、費用は数万円から数百万円と大きく変わります。

すべてのオプション込み、さらにライティングも含めて丸々1つのLステップを構築する場合には数百万円の相場となりますが、Lステップの部分的な構築代行では、費用感が下がります。

以下でLステップで構築できる機能の1つ1つにかかる費用例をまとめてみました。

機能ごとの費用例
  • 申し込みフォーム作成:5万円〜
  • 診断ツール:10万円~
  • ステップ配信:20万円〜

Lステップ構築代行の価格は比較的高めになるので、構築内容を分解して、必要な機能だけを構築する方法も良いでしょう。構築する内容が増えるほど料金は上がりますが、多くの機能を依頼していていただいた場合には料金を少し下げてもいいかもしれません。

もちろんLステップの目的によって構築内容は変わるため、クライアントに予算や見込み費用を含めた構築内容をヒアリングするようにしましょう

Lステップ構築代行における費用ごとの構築内容を紹介

ここからは費用ごとの構築内容について、僕が経験した事例を紹介していきます!

1.構築代行費5万円〜20万円で受注した事例

申し込みフォームや診断ツールのみの場合は、シナリオ配信を作成する必要がないので比較的費用を低く抑えることが多いです。そのため費用はおよそ5万円〜20万円の範囲で提示します。もし診断ツールをいくつか作成したい要望があれば、診断ツールの個数分の費用を提示してもいいでしょう。それでは以下に事例を紹介します。

費用内での主な構築内容
  • 申し込みフォーム:約5万円〜
  • 診断ツール:約10万円〜

申し込みフォームを構築した事例

クライアントが人材の募集やセミナー申し込みの手段に迷っている場合は、Lステップを利用した申し込みフォームの構築を提案してみましょう。Lステップの申し込みフォームでは、色鮮やかなデザインにしてデータを取ることができます

この事例は超大物芸能人の案件だったため、デザイン性を重視した申し込みフォームの作成を5万円の報酬で受注できました。

申し込みフォームの構築を受注した際には、基本的に申し込みフォームの背景や文字フォントをクライアントの希望に合わせてカスタマイズし、申し込みフォームを作成するといったフローで構築していきます。

申し込みフォームをLステップ上で管理する場合は、申込者情報をLステップ上で管理できますし、シートに出力したい場合はCSV一括出力の機能を利用できます。この機能も合わせてクライアントに提示し、Lステップの構築代行を受注できるような提案をしましょう。

診断ツールを構築した事例

診断ツールを構築した事例では10万円の報酬で案件を受注し、カルーセルパネルを用いて診断ツールを作成しました。そもそも診断ツールは顧客のデータをとって、顧客に合わせた提案ができるようにするために用いるツールです。

そして診断ツールは主に「カルーセルパネルやリッチメニューを利用して行う方法」「アンケートフォームを使って診断を行う方法」に分かれます。

アンケートフォームを利用した診断ツールは、フォームの作成のみで診断が行えますが、リッチメニューやカルーセルパネルを利用した時と比べて回答率が悪くなるかもしれません。その代わり、回答フォームではメールアドレスや電話番号など、ユーザーが直接入力する必要がある場合のツールとして有効です。

診断内容によって構築内容は異なりますので、提案の際にはクライアントが希望する内容に沿った診断ツールの構築を提案すべきでしょう。

僕の経験上の話ですが、リッチメニューやカルーセルパネルを使った診断やアンケートはクライアントから喜ばれることが多いです。

2.構築代行費20万円〜50万円で受注した事例

アンケートや診断、申し込みフォームに加えてステップ配信を行う場合やLステップのアカウントを丸々構築する場合は、構築する内容が大幅に増えるため、その分の費用をいただいてます。僕の場合は、費用をおよそ20万円〜50万円の範囲で提示していました。以下に事例を紹介します。

費用内での主な構築内容
  • ステップ配信:約20万円〜
  • サービス利用までの動線整理:約40万円〜
  • WEBサービスの情報整理:約40万円〜

ステップ配信を構築した事例

まず1つ目が、ステップ配信を構築した事例です。今回は、ファスティングサービスのプロモーションをする方のステップ配信を紹介しますステップ配信の内容は、クライアントからのヒアリングとターゲットとなる顧客の生活や行動を分析して決めています。

内訳ファスティングを成功させるためのステップ配信の場合
  1. ファスティング期間におけるシナリオ配信の作成
  2. クーポンの仕組み作成
  3. リマインドの作成
  4. アンケートを行うためのカルーセルパネル作成

こちらの事例では上記内容の構築を提案し、数十万円くらいの単価感で案件を受注しました。

またステップ配信は、クライアントからのヒアリングやユーザーの思考や行動を分析して作成するため、構築後に改善項目が出てくるかもしれません。そのため数十万の費用でLステップを構築代行する他に、運用の仕事も含めて費用の交渉をしてもいいでしょう。その場合は、構築代行費+月々の運用費があなたの報酬となります。

WEBサービスへの入会をLINEで促した事例

2つ目は、WEBサービスへの入会をLINEで促した事例です。この事例ではアンケートからステップ配信、サービス利用の申し込みフォームまでを一括で作成しました。ステップ配信は、LINEを追加した人がWEBサービスを利用したくなるような内容で構築しています

Lステップ構築の内容
  • アンケート(診断ツール)
  • 入会を促すためのシナリオ配信
  • 申し込みフォーム
  • WEBサービスの案内シナリオ配信

上記のように、WEBサービスを利用してもらうための訴求を丸々Lステップで行う場合には、ケースによりますが約50万円の費用で提案することが多いです

サービスコンテンツを整理した事例

最後に3つ目、人生逃げ切りサロンを運営しているやまもとりゅうけんさんの事例です。こちらの事例では多数のコンテンツを分かりやすくLステップで整理しました。

Lステップ構築の内容
  • 診断ツールの作成
  • 入会後の案内作成
  • 各コンテンツにアクセスできるリッチメニューの作成
  • 他コンテンツへの案内作成

Facebookでコンテンツを提供しているコミュニティでは、スレッドごとにコンテンツが分かれている場合が多く、昔のコンテンツを見つけられなかったり、新しく入会した人がどのコンテンツから見ればいいのかが分かりずらかったりします。

そこでこの事例では、入会後の自己紹介やコンテンツを種類ごとにリッチメニューにまとめ、ユーザーがノンストレスでコンテンツを利用できるように整理しました。こういったコンテンツをLステップ上で整理するような事例においても、約50万円の費用を提示することが多いです。

3.構築代行費50万円〜150万円で受注した事例

20万円〜50万円のLステップ構築費用よりも多くのステップ配信を行う場合や、リッチメニューの種類、ユーザーが楽しめるコンテンツなどを追加してアカウントを構築することがあります。そういった際に、僕の場合は費用をおよそ50万円〜150万円の範囲で提示していました。以下に事例を紹介します。

観光ガイドブックを構築した事例

まず1つ目は、観光ガイドマップをLステップを活用して構築した事例です。

リッチメニューを複数使うことで、全国の観光地のグルメ情報やお土産リスト、おすすめの観光地をまとめました。他にカルーセルパネルも使って、観光先への問い合わせまでをLステップ上で行えるようにしてあります。

この事例では、リッチメニューやカルーセルパネルが数多く使われ、構築のボリュームが比較的多かったため50万円以上の費用感でLステップの構築代行を受注できました

このように画像を多く使う場合や、構築の内容が1つのサービスの範囲から超える場合には、50万円を超える報酬を提示してみても良いかもしれませんね。

飲食店のLステップを構築した事例

飲食店のLステップを構築した事例では、リッチメニューを使ってお品書きやポイントカードを管理し、さらに診断ツールやクイズツールなどをまとめて作成しました。

Lステップ構築の内容
  • 診断ツールの作成
  • お品書き、店舗一覧、通販、宅配のカルーセルパネルの作成
  • 口コミ閲覧の仕組みの作成
  • クイズ、検定のツールの作成
  • ポイントカードツールの作成
  • メニューを管理するリッチメニューの作成

上記の構築を大体50万円を超えるくらいの金額感で受注しました。

また、飲食店では新メニューやキャンペーンなどがありますので、月々のステップ配信の更新やメニューの追加などの要望があると思います。その場合は、月に5万円〜30万円で運用の仕事を受注できるかもしれませんので、あわせて提案してみてもいいかもしれません。

報酬を提案する時に使えるコツを3つ紹介!

ここからは、報酬を提示する際に活用できるコツを3つ紹介していきます。初めて関わる場合や実績として公開したい場合に、どう提案するのかを解説していますので、ぜひご活用ください!

1.初めて関わる業種やジャンルの場合

初めての業種に関わる場合や初めてのクライアントの場合は、両者に不安があるかもしれませんこういった場合には、不安を取り除くための工夫をしても良いでしょう。例えば、値下げを行う方法や着手金と納品後報酬で入金を分ける方法があります。

クライアントやその業種に初めて関わる場合には、慣れているクライアントや業種と比べてLステップの構築に時間がかかります。しかしクライアントワークではスピードも求められるので、クオリティを担保したいのであれば納期を緩やかにして価格を下げるなどの提案をしてみても良いかもしれません。

また、初めて関わるクライアントの場合は、未払いのリスクも考えられます。その場合は構築時の着手金として先に報酬の半分を入金してもらうことで、未払いのリスクを未然に防げます。

このように、双方が安心して仕事を進められるような工夫を行うことが重要です。

2.実績として公開したい場合

構築代行で得られるのは金銭面の報酬だけではありません。 実は、お金以外にも得られる資産があります。

これは僕が実際にLステップの構築代行を受注していて気づいた点です。 例えば、構築案件で作ったクライアントのLステップは、その後にあなたの「ポートフォリオ」として機能するでしょう。そのためクライアントに実績として公開する許可をもらうことも重要です。

しかしクライアントにとっては、実績として公開されるメリットはあまりないかもしれません。そのためクライアントにとってのメリットとして、実績として公開する代わりに費用の1〜2割を値下げするなどの提案をしてみても良いかもしれませんね。

Lステップの構築代行の仕事を受注するにあたって、実績は大きな集客効果につながります僕も以前に構築したLステップを実績として公開した結果、次の案件を獲得する際にとても役に立っています!

3.構築後の分析・改善まで関わる場合

分析・改善まで関わる場合、内容によりますがおよその相場は月5万円〜30万円です

Lステップは一度構築したらそれで終わりではありません。その後も数値を分析しながら改善を繰り返し行う必要があるので、分析・改善の仕事も構築と同時に依頼される場合があります

例えば、分析・改善の仕事内容はこちらです。

分析・改善の仕事内容
  • 追加シナリオの構築
  • 既存シナリオの改善
  • Lステップ上で計測できる数値の分析
  • リッチメニューやアンケートの改善

    Lステップを構築した後も分析や改善を繰り返さなければいけませんので、構築代行と同時に運用を依頼された場合は月に5万円〜30万円の報酬を提示してみましょう

    まとめ:構築内容によって費用は大きく変わる!

    Lステップの構築代行は、構築する内容によって数万円〜数百万円と幅広いです

    Lステップ構築代行の相場の事例
    • 宿泊施設のLステップ構築:50万円

    ⇨内訳:リッチメニュー、診断ツール、旅行ガイド作成

    • 飲食店のLステップ構築:80万円

    ⇨内訳:リッチメニュー、診断ツール、ポイントカード、クイズ、シナリオ配信、店舗紹介コンテンツ作成

    • 通販サイトのLステップ構築:150万円

    ⇨内訳:リッチメニュー、診断ツール、シナリオ配信

    ※あくまで僕が実際にお取引したクライアント様の事例です。

    また、構築のみを受注した場合と継続した運用までを受注した場合でも大きく報酬は異なりますし、実績として公開したい場合にも報酬は変わるでしょう。そのためクライアントが何を求めているのか、どこまで巻き取ってほしいと思っているのかを適切にヒアリングした上で、適切な金額を提示しましょう

    LINE構築代行で『稼げるフリーランス』になりませんか?LINE構築のプロが無料で個別相談します!

    「稼げるスキル」を身につけてフリーランスになりたいな…。
    会社を辞めて場所や時間、人間関係に縛られず自由に働きたい…。

    あなたもこう思っていたのではないでしょうか…?

    もしあなたが「稼げるスキル」を身につけ、場所や時間を選ばずにパソコン1台で今以上の収入を手にできたら…とても理想的な生活を過ごせると思いませんか?

    もしスキルを身につけて理想の生活を手に入れたいなら、高単価で仕事ができるLINE構築代行をおすすめします!

    高単価なLINE構築代行ですが...実は今、LINEを活用したい企業やお店がどんどん増えているのに、LINEを構築できる人が圧倒的に不足しているんです。

    だから、スキルを身につけて稼ぎたい人にとっては今がかなりのチャンスなんですが...多くの人は「LINE構築って難しそうだし、私にはできなさそう…」と諦めてしまいます。

    だから、もしあなたがLINE構築のスキルに興味を持っているなら、一度僕たちに個別で相談してみませんか?

    LINE構築代行について本気で学びたいという方は、今後開催する『無料個別相談会』にご参加ください。

    ※現在は満員の為、募集を停止中です。

    こちらでは「LINEの構築代行」という働き方の可能性について詳しく解説しています↓↓↓

    ▶︎LINEの構築代行についてもっと詳しく知りたい方はこちら!

    おすすめの記事