【2021年最新】Lステップの副業で稼ぐ方法を解説【今が一番アツいタイミング】

こんにちは、中村誠です!

今回は、Lステップを副業にする方法について解説していきます!

「LINE公式アカウント」や「LINE@」という名前は聞いたことはあっても、Lステップはよく知らない方も多いのではないでしょうか。

LステップはLINE公式アカウントの機能を強化して、売上を10倍に高めてくれる魔法のツールです。

LINEを使う関係上、toCビジネスプレイヤー全てにアプローチできるので、チャンスは無限に転がっています。

そんな状態にも関わらずライバルもまだ少ないので、Lステップはまさにブルーオーシャンの副業です。

そこで今回は、これからLステップの副業を始める方のために、以下の流れで解説していきます。

この記事で分かること
  1. Lステップの副業が今アツい理由
  2. 具体的な稼ぎ方
  3. 効果的な案件の探し方

    これからLステップの副業をスタートする方は必見の内容になっているので、気になっていた方は漏らさずチェックして下さい!

    この記事を書いた人
    中村 誠(@gor0210)
    LINE構築コンサルタント。LINE公式アカウントの性能を10倍高める「Lステップ」を活用したLINEマーケティングのプロ。構築を手掛けたLINEアカウントは累計200個以上。LINE構築ビジネスを指導したコンサルメンバーも300名を超え、LINE構築で月利100万越えのプレイヤーを10人以上輩出してきた。
    ▼Lステップの構築相談を期間限定で無料受付中!

    Lステップとは?その特徴をざっくり解説

    Lステップは、LINE公式アカウントの機能を拡張しマーケティングをより効率的に行うツールです。

    非常に多機能なツールですが、その特徴は大きく3つ挙げられます。

    Lステップの特徴
    1. 日本の人口の7割をターゲットにできる
    2. 「これがしたい」を叶える多機能な配信
    3. 顧客のデータを丸裸にできる

      Lステップは高度なマーケティングをLINE上で展開し、売上の自動化を実現します。

      Lステップを企業に導入すれば…売上を倍増させることも夢ではありません!

      例えば、僕が実際にLステップの構築代行を手がけたインフルエンサーのやまもとりゅうけんさんの場合、自身のオンラインサロンにLステップを取り入れ、サロン内の学習をLINEで自動化し、月の売上も倍の2,600万円まで伸ばしました!

      では、Lステップのどこに可能性があるのか。その特徴を順に解説していくので、まずはLステップの概略から学んでいきましょう。

      1.日本の人口の7割をターゲットにできる

      LステップはLINEを使っている全ての方をターゲットにできるので、シンプルに市場規模が大きいです。

      その分多くのお金が流れ、副業として関わる際の収入も大きくなりがちです。

      参考:LINE Business Guide 2021年7〜12月版

      2021年3月時点の調査によると、国内のLINEユーザーは8800万人を誇り、人口の約7割をカバーしています。

      その他の主要なSNSと比較しても大きな数字で、LINEの利用者数は国内No.1です。

      主要なSNSのユーザー数
      1. LINE:8800万人
      2. Twitter:4500万人
      3. Instagram:3300万人
      4. Facebook:2600万人

      その結果「LINEでしかアプローチできない層」が多く、マクロミル社が2021年1月に行った全国15~69歳のスマートフォンユーザーを対象とした調査によると、普段LINEしか使用しない層は全体の40%にも登ります。

         

        参考:LINE Business Guide 2021年7〜12月版

        これだけ多くの人が顧客になる可能性を秘めているので、Lステップは最強のマーケティングツールと言えるでしょう。

        2.「これがしたい」を叶える多機能な配信

        LステップではLINE公式アカウントの配信機能も大きく強化されており「こんなふうに配信したい」というイメージをそのまま形にできます。

        Lステップの配信機能
        1. ステップ配信
        2. セグメント配信
        3. リマインド配信
        4. キーワード応答

          これらの機能を使って配信の自動化&最適化を行い、最小の労力で最大の売上を発揮できます。

          例えば以下のような配信が可能です。

          配信の例
          1. いつ登録しても1通目から順番に配信する
          2. 男女別に配信内容を分ける
          3. 1ヶ月後にリピートの訴求を自動で送る
          4. 読者の質問に答えるチャットbotを作る

            最初に構築する手間はかかりますが、完成すればほとんど手間を掛けず勝手に売上を発生させてくれます。

            3.顧客のデータを丸裸にできる!

            Lステップには顧客のデータを収集&管理する機能も備わっています。

            収集方法は主に3つです。

            データ収集の方法の例
            1. アンケートを使って好きな情報を収集
            2. どんな配信やボタンに反応したかの記録
            3. どこからLステップに流入したかの確認

              データを集めることでターゲット像が明確になったり、配信の良し悪しを見抜けたりとアカウントのブラッシュアップに繋がります。

              また、集めたデータを使ってそのままセグメント配信を行うこともできるので、表面上はわかりませんが、データ収集はLステップの柱となる機能の1つです。

              特に、配信に対してどのような反応を示したのか、顧客のニーズを引き出すためには重要なポイントです。

              例えば僕が構築したやまもとりゅうけんさんのアカウントでは「顧客に」配信内容を決めてもらう機能を実装しました。

              顧客のタップに反応して、選択した内容が配信されます。

              自分で学びたい教材を選べるので、満足度の高い配信が可能です!

              Lステップの副業が今アツい理由3選

              Lステップが副業におすすめの理由は、主に3つあります。

              Lステップの副業がアツい理由
              1. 競合が少ないから
              2. 行きつけの店をお客さんにできるから
              3. その気になれば大金を稼げるから

                ブルーオーシャンの市場なので、今から参入しても全然遅くはありません。

                また、LINEという強力な地盤があるので簡単に廃れるとも考えにくく、しっかりとビジネス基盤を作っていけば安定した収入が見込めます。

                1.競合が少ないから

                昨今のブームで副業人口は増えつつありますが、Lステップを仕事にしている方はまだあまり多くはありません。

                有名な副業の例
                1. せどり
                2. ブログ
                3. プログラミング
                4. 動画編集

                有名な副業としてこれらの名前はよく耳にしますが、Lステップを詳しく知っている方はまだあまり多くはないでしょう。

                そのためライバルが少なく、今なら初心者の方にも多くのチャンスが転がっています。

                競争率が低いうちに競合に差をつければ、後につながる地位を築けるでしょう。

                2.行きつけの店をお客さんにできるから

                LステップはtoCのビジネスであれば万能なので、個人法人を問わずお客さんになる可能性があります。

                どの企業も「ITを使って自動化したい」「売上を伸ばしたい」という悩みは常に持っているでしょう。そんな悩みを解決するのがLステップです。

                いつも立ち寄る”あのお店”の経営者も同じように思っているかもしれないので、口説き落とせばLステップを導入してくれる可能性があります。

                また、LINE公式アカウントを導入したは良いものの、全く活用できていないお店もLステップを売り込むチャンスです。

                例えば飲食店やアパレル店などで「LINE友達追加で500円OFFクーポン配布します」と言われて友達追加したことはありませんか?

                そういうお店に限って、友達追加してみたものの、その後送られてくるメッセージは定期的なセールのお知らせのみ。(ピクリとも動かないこともあります…笑)

                これではせっかくクーポンを使ってお客さんを集めた意味がありません。

                ここで登場するのがLステップです。仮に飲食店に導入する場合、以下のような提案をして予算を出してもらいましょう。

                飲食店へのLステップ導入例
                1. クーポンやスタンプカードの電子化
                2. テイクアウト機能の実装
                3. LINEからお店の来店予約
                4. 営業時間の自動返信
                5. セールや新商品の紹介

                  ITの感度が高くないお店にLステップを導入すれば、売上を爆発的に伸ばせるでしょう。

                  例えばクーポン1つ取っても、紙で配ると印刷や保管のコストが発生しますし、お客さん側にも紛失のリスクが付きまといます。

                  これをLステップで電子化することで、機能をスマホの中で完結させればお店もお客さんもwin-winです。

                  お店の心を動かして、案件をゲットしてください。

                  3.大きくお金を稼げるチャンスがあるから

                  Lステップの仕事は、大規模なものだと1件で数百万円のお金が動くこともあります。

                  全ての案件が100万年単位ではありませんが、Lステップでは案件自体の報酬(構築代行の報酬)以外にも、キャッシュポイントは複数存在します。

                  Lステップのキャッシュポイント
                  1. 運用契約を結ぶ
                  2. 広告宣伝まで巻き取る
                  3. 内製化研修の講師を務める

                  導入する企業の立場になって考えると、Lステップは導入してからが本番です。

                  慣れないLステップを操るクライアントには、まだまだ価値提供するチャンスが残されています。

                  相手の悩みを解決することがビジネスの本質なので、単にLステップを納品するだけでなく、1つの案件から複数のキャッシュポイントを取り出してください。

                  もちろんいきなり数百万円の大きな案件が降ってくることはまず無いですが、コツコツと知識や実績を積み重ねていけば、いつかは大きな仕事に巡り合うでしょう。

                  僕自身、Lステップ開発者の田窪さんの会社で2年間の修業を経て今の成果を達成しています。

                  努力は裏切らないので、少しずつでもチャレンジしてみてください。

                    Lステップの副業でお金を稼ぐ3つの方法

                    Lステップのアカウントには複数の仕事が絡み合っており、主に3種類の副業のチャンスがあります。

                    Lステップの副業で稼ぐ方法
                    1. シナリオ配信のライター
                    2. リッチメニューなどのデザイナー
                    3. Lステップの構築代行

                      順に解説していくので、ご自身にあった副業を選んでください。

                      1.シナリオ配信のライター

                      LステップはLINEを使う都合上、基本的に文章を使って配信します。そのため配信内容を執筆するライターの副業が可能です。

                      こんな風に送っているメッセージを魅力的に作りあげて、反応率UPを狙います。

                      Webライター等で文章を書く経験を積んでいる方であれば、その能力を活かすこともできるでしょう。

                      ただしブログ等のWebライティング違って、Lステップの文章を書くには3つのポイントがあります。

                      Lステップのポイント
                      1. セールスライティング
                      2. Lステップに合わせた改行&装飾
                      3. SEOは無視してOK

                        ライティングスキルは全てのビジネスの基礎となるので、自信のない方は学んでおくことをおすすめします。

                        Lステップの知識と合わせて専門のライターになれば、単価のアップも狙えるはずです!

                        2.リッチメニューなどのデザイナー

                        Lステップでは文章だけでなく、画像もたくさん使用します。

                        パッと見てタップしたくなるような画像を描いて、商品のインパクトを伝えられるデザイナーの存在は欠かせません。

                        Lステップに関わるデザイナーの仕事は、主に3つあります。

                        デザイナーの仕事
                        1. リッチメニューの作成
                        2. シナリオ内の画像作成
                        3. カルーセルの画像作成

                          この中でも特に重要なのがリッチメニューの作成です。

                          リッチメニューとはLINE公式アカウントを開いた時に下部に表示されるメニューで、Lステップでは機能が大幅に強化されています。

                          どれも僕が手掛けたアカウントのリッチメニューですが、どれも印象に残るよう特徴的に仕上げています。

                          リッチメニューはLINE上で常に目につく顔のような存在なので、一目で内容が分かりタップしてみたくなるデザイン性が欠かせません!

                          3.Lステップの構築代行

                          Lステップの構築代行は、クライアントが要望を聞き出して1からアカウントを作る仕事です。

                          当然Lステップの細部まで知り尽くしている必要があるので学習期間が発生しますが、2〜3ヶ月みっちり勉強すれば最低限の知識は身につくでしょう。

                          専門的な知識が必要な分報酬も高いので、ぜひ構築代行にチャレンジしてみてください。

                          また、構築代行は説明書通りにアカウントを組み上げる仕事ではなく、むしろクライアントの要望を汲み取って自分で仕様書を作らなければいけません

                          主に6つのスキルが必要なので、少しずつマスターしていきましょう。

                          構築代行に必要なスキル
                          • Lステップの操作スキル
                          • ソフトスキル
                          • ヒアリングスキル
                          • 相手のビジネスモデルの理解
                          • プレゼンスキル
                          • 計画&完遂スキル

                          構築代行については別の記事にまとめたので、こちらの記事をチェックしてみてください。

                          (公開前内部リンク)

                           

                          Lステップを副業にするために大切な3つのポイント

                          Lステップの副業はチャンスが無数に眠っていますが、今日から未経験の方がチャレンジできるほど甘くはありません。

                          大切な3つのポイントがあるので、順序を守って確実にスタートしていきましょう。

                          Lステップを副業にするために大切なポイント
                          1. まずは自分のLステップを作ってみる
                          2. モニター価格で実績を積む
                          3. 軌道に乗ったらチーム化する

                            具体的に何から始めれば良いのか分からない方は、この流れをなぞってもらえればOKです!

                            1.まずは自分のLステップを作ってみる

                            Lステップに限りませんが、副業をする上で大切なのが実績を作ることです。

                            副業は個人で行うことがほとんどなので会社の名義は使えず、最初はあなたがどれほどのビジネスマンなのか証明できる物は一切ありません。

                            言わば履歴書が空欄の状態なので、クライアントは仕事を頼むのに躊躇してしまいます。

                            自分のLステップを作って実績としてアピールすれば、相手も安心して仕事を頼みやすくなるはずです!

                            Lステップの題材が無い場合は、地元の観光案内アカウントを作ってみるとよいでしょう。

                            こちらは僕が作った博多のホテルのアカウントです。ガイドブックの機能もついているので、せひ参考にしてください。

                            観光地やお土産など、コンテンツにしやすいものが多いので上手く盛り込みましょう。

                            マニュアルを読み込むだけではなく、実際にアカウントを作ることで腕前も大きく成長するはずです。

                            実績がついてくると、お客さんからの信頼度が上がるため、単価もどんどん上がっていきます。

                            Lステップには3つのプランがありますが、どれも初月は無料で利用できるので試しに作ってみると良いでしょう。

                            2.モニター価格で実績を積む

                            自分のLステップを作ったら、それを基に次はモニター価格でさらに実績を積み上げましょう。

                            最初から正規の価格で案件を獲得するに越したことはありませんが、誰も実績がない人に構築をお願いしたいとは思いません。

                            1件自分のアカウントを作ったぐらいでは、まだまだライバルと戦うのは難しいでしょう。

                            そのため価格を落として、モニターとして構築させてもらえるクライアントを探してください。

                            Lステップのモニターを探すコツ
                            • 初心者だと正直に伝える
                            • 実力は自分のアカウントを見せて信頼してもらう
                            • 実績として公開する許可をもらう
                            • 120%クオリティにコミットする

                            最悪0円で募集すれば、引き受けてくれる方が見つかるはずです。

                            安いモニター価格でも全力でこなして、クライアントの想像を超える満足を提供しましょう。

                            徐々に単価を引き上げていき、数十万〜数百万円の案件を獲得できるように実績を積み上げてください!

                            3.軌道に乗ったらチーム化する

                            実績を積んでいき案件をこなしていくと、知名度が高くなって次々と依頼が舞い込んでくるようになります。

                            Lステップの案件を獲得するルート
                            • SNS等の発信による集客
                            • 既存のクライアントからの紹介
                            • オフラインの繋がり

                              仕事が軌道に乗って一人ではさばききれない量の案件が舞い込んできたら、チーム化して回転率を上げるとよいでしょう。

                              チーム化(分業の例)の例
                              • シナリオ執筆担当
                              • デザイン担当
                              • システム構築担当
                              • クライアントとの交渉担当

                                例えばこの様に分業し、得意分野を活かしたサイクルを作れば効率も大幅にアップできるはずです。

                                また、チーム内で仕事を助け合って、忙しい時に負担を分散することもできます。

                                せっかくいただいた依頼をお断りするのは、自分の機会損失はもちろんクライアントの時間も無駄にしてしまうので、チーム化して漏らさず構築できる体制を整えましょう。

                                Lステップの副業の探し方3選

                                Lステップの副業ロードマップを解説してきましたが、多くの方がつまづくのは最初の1案件目が決まらないことかと思います。

                                Lステップの案件の探し方は主に3つあるので、できれば全て試してみてください。

                                Lステップの案件の探し方
                                1. オンラインコミュニティに参加する
                                2. SNSで発信する
                                3. 交流会に参加する

                                  案件の方からやって来ることはないので、とにかく行動して根気強く営業をかけましょう。

                                  1.オンラインコミュニティに参加する

                                  まずおすすめなのがオンラインコミュニティに参加することです。

                                  Lステップ関連の詳細な情報は世間にはあまり出回っていないので、同じくLステップに関する情報を探していたり、Lステップの副業に実際に取り組んでいる方がたくさんいるオンラインのコミュニティに参加すると良いでしょう。

                                  僕が運営しているLINE STEP MASTERYにはLステップの構築代行者が多数在籍しているので「そうは言ってもコミュニティなんてどこに入ればよいのか分からない…」という方はぜひチェックしてみてください。

                                  詳細はこちらの記事にまとめてあるので、興味のある方はどうぞ!

                                  ただし案件が流れてきたとしても、構築者が多いので倍率が高くなってしまうでしょう。そのためLステップへの認知度が低く、クライアントがいそうな未開拓のコミュニティに参加するのも1つの手です。

                                  2.SNSで発信する

                                  案件の獲得にはとにかく知名度が必要なので、自分からの情報発信が重要です。

                                  情報の発信はやはりSNSが一番効率的なので、様々なサービスを駆使してLステップについての発信を行い、案件の獲得に繋げましょう。

                                  SNSにはそれぞれ特徴があるので、利用者の属性にあった発信の仕方に気をつけてください。

                                  最初は手応えがない期間が続きますが、軌道に乗ればクライアントの方から声をかけてくれるようになるでしょう。

                                  3.交流会に参加する

                                  コミュニティ内のオフラインイベントには積極的に参加することをおすすめします。

                                  対面だと相手の人柄もわかり、オンライン上よりも覚えてもらいやすいので、情報交換や案件獲得のハードルが大きく下がります。

                                  また、オフでの交流会に来る人は少ないので、競争率が低くなるのもポイントです。

                                  他にもセミナーや地元の商工会に出席し、ビジネス的な感度が高い人に出会って名刺交換するのも有効です。その場で顔を覚えてもらい、後の案件獲得に繋げましょう。

                                  まとめ:Lステップの副業で稼ぐなら今がチャンス!

                                  LステップはLINEを利用して売上を10倍にしてくれる最強のマーケティングツールです。

                                  しかしまだ知名度は低く、今がまさにブルーオーシャンの市場です。

                                  ブログやせどりは副業としては知名度が高く、その分競争率が高くなっていますが、Lステップはまだまだ新しいジャンルの仕事なので、チャンスがあります!

                                  今Lステップの副業をスタートすれば、ライバルに差をつけながらどんどん案件を獲得できるでしょう。

                                  おすすめの記事